企業と労働者の味方!産業医とは何か

仕事
スポンサーリンク

産業医とは

安全衛生法に「産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」と規定されています。一定の要件とは以下の通りです。

1 厚生労働大臣が定める研修を修了した者
2 産業医の養成を行う事を目的としている大学(産業医大等)を卒業し厚生労働大臣が定める実習を履修した者
3 労働衛生コンサルタントの保健衛生の区分に合格した者
4 大学の労働衛生に関する科目を担当する教授、准教授または講師である者
5 その他厚生労働大臣が定める者

現在は、1の研修は日本医師会の産業医学基礎研修会、産業医科大学の産業医学基本講座がこれにあたります。

現時点では医師であれば、講習会(50単位ですが)を受ければ産業医になれるという事です。

産業医の選任義務

事業者は50人以上の労働者を使用する事業場では産業医を選任する義務がありしない場合は罰則が設けられています。
常時1000人以上の労働者を使用する事業場と、化学物質や危険作業が多い業務を取り扱う職場の場合常時500人以上の事業場は専属産業医を選任しなければいけないと定められています。これに対し、50人以上999人以下の労働者を使用する事業場では嘱託産業医を選任すれば良い事になっています。

産業医の職務は何か

健康診断の実施、面接指導やストレスチェックを実施して必要な措置を講じること
作業環境の維持管理に関すること。
作業管理に関すること
衛生教育

毎月一回以上作業場巡視を行い、作業方法や衛生状態に有害の恐れがあれば必要な措置を講じなければならない。

労働衛生コンサルタントとは何か

安全衛生法に定められた国家資格で「労働衛生コンサルタントの名称を用いて、他人の求めに応じ報酬を得て、労働者の衛生の水準の向上を図るため、事業場の衛生についての診断およびこれに基づく指導を行う事を業とする」と定められています。

労働衛生コンサルタントの重要な業務「衛生診断と衛生改善計画」

労働衛生コンサルタントの重要な業務の一つに衛生診断と衛生改善計画の作成がある。衛生改善計画とは、労働基準局長が労働災害を防止するために措置が必要と認めた事業者に対して安全衛生改善計画の作成を指示する事ができるという法律に基づいています。また、作成にあたって「都道府県労働局長は、専門的な助言を必要と認めるときは、事業者に対して労働衛生コンサルタントによる衛生にかかる診断を受け、衛生改善計画の作成について意見をきくべきことを勧奨する事ができる」と定められております。その他、安全衛生管理規定の作成、安全衛生教育の講師の選定、健康診断機関や作業環境測定期間の選定など事業場の求めに応じて種々の衛生上の問題に対応していきます。

労働衛生コンサルタントと産業医の違いはなにか

労働衛生コンサルタントはクライアントの依頼に基づき、問題点・海内を明確化し産業保健活動に関するスタンスを確認し、現状の評価(法令との整合評価、理想とのギャップ評価)を行ったうえで目標と解決策の検討を行い実施からフォローアップのサポートを行う。一方産業医は事業場の産業保健体制の一翼を担い様々な産業保健の実務を直接実施する。

産業医を主人公としたドラマ

最近は放射線科医や麻酔科医、病理医などを主人公としたドラマもやっているようだ。

働き方改革で、これから産業医の重要性は増すばかりだと感じる。産業医を主人公としたドラマなどがあれば見てみたいものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました