適応障害についてやさしく解説します

メンタル
スポンサーリンク

適応障害とは

適応障害は心的外傷およびストレス因関連障害群に分類され、学生から社会人、中年と幅広い年齢層でかかる事のある精神疾患です。症状はうつ病とよく似ていますが、うつ病は原因が全くなくても起こる事がありますが、適応障害はストレス要因があって、それに反応して起こると言われています。

適応障害の症状

症状は、うつ病に似ていますが、落ち込み、涙もろさ、絶望感、不安、心配などです。また、体が重く外に出られないとか、人に会いたくないなど対人恐怖的な症状が出る事もあります。食欲は落ちる場合が多いですが、逆に過食になる事もあります。睡眠も不眠が一般的ですが、過眠となるケースもあります。
それでは次に、診断基準を見ていきましょう。

適応障害の診断基準

ストレス因から3か月以内に心や体の症状が現れる

例えば転勤や昇進、職場環境の変化などのストレスを受けてから3か月以内に抑うつ状態などの心の変化、または職場に行けないなどの行動の症状が現れます。

症状は病的っぽく、以下のどちらかまたは両方に当てはまる

〇ストレス因の背景を考慮に入れても、ストレス因に不釣り合いな程度をもつ苦痛がある。
社会的、職業的な機能の重大な障害がある。
実際に職場や学校に行けなくなるとか、仕事が手につかないなどの障害の存在が重要である。単に軽く悩んでいるだけでは該当しない。

〇他の精神疾患の基準を満たしていない、もともと持病としてもっている精神疾患の悪化ではない

その症状は正常の死別反応を示すものではない

死別というのは誰にとっても悲しく辛い経験であり、一時的に抑うつ状態に陥ったり悲嘆反応といって嘆き悲しむ事は正常な反応です。近い人が亡くなった時、その様な反応は誰しも起こる事であり、適応障害には該当しないと考えるという意味です。

ストレス因がなくなったり離れたりすると、症状は良くなる(6か月以上持続しない)

例えば職場がストレス因と考えられる場合、休職後症状が良くなったり、転職などをして完全に環境が変わるとケロッと良くなってしまうという意味です。これはこの病気が、ストレスと因果関係がある事を物語っています。

適応障害の治療

適応障害は診断基準にもあったように、あるストレス因が原因になって不調になっている事が多いです。そのため、そのストレス因から距離を置くことが大切です。職場がストレス因となっていれば休職をし、自宅でゆっくり休む事で症状の改善を期待します。
また、例えばストレス因が家庭など、休んだり離れられないものが原因である場合もあります。その様な場合は、家庭の何がストレスなのかと要因を探り、完全には離れられなくても要因と思われる事を回避したりする対策が考えられます。この辺りは症状の強さによっても判断が分かれる所であるため、専門家と相談しながら決めていく事になります。

適応障害はストレス因に対する体の反応が強くでたものであり、病気として治療すべき状態です。もし当てはまる事があれば専門家を受診する事をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました