ヨーロッパ周遊するならコレ!2000円以下SIMカードが便利だった話

雑記
スポンサーリンク

海外旅行のお役立ちグッズを紹介します

といっても、初心者向けです・・・・自分がまだ初心者なので

飛行機で荷物は預けない

海外旅行は今では気軽なものになっている。僕は現地で動きやすいように極力荷物の量を抑えている。特に衣料品は持って行っても結局着なかったことが沢山あるので、最小限-1程度にしている。足りなければ現地で買えば良いという気持ちである。荷物を少なくすると飛行機のカウンターで荷物を預ける必要がない。そのためチェックインの時に並ばなくても良いし、到着後に荷物が出てくるのを待たなくても良い。普段はリュック一つか、リュックと小さなハンドバッグに収めている。

SIMフリースマホにクリップ

最近では各国の空港でSIMカードが売っていて、以前のようにWIFIルーターを持ち歩く

必要がなくなった。この時SIMカードの入れ替えに便利なのがゼムクリップです。

これをキーホルダーなどに一つつけておけばSIMの入れ替え時にとても便利。

 

ビジネスホテルのスリッパを持っていこう

日本で出張した時に泊まったビジネスホテルではスリッパをもらって帰りそれを海外旅行に持っていこう。飛行機の中で使う事もできるし、ホテルでは場所によってはスリッパがない所がある。長い時間詰められた足はスリッパがあるとリラックスできる。

あると便利なビニール袋

海外ではコンビニで買い物をしてもビニール袋をくれないところが多い。有料で支払えばよいが、紙袋などしかない店もあり、ビニール袋を持っていくと重宝である。また、現地で着替えた衣類を入れるのにも役立つ。

濡れたものを乾かすことも出来る新聞紙

新聞紙は濡れた靴を乾かすのによい。靴が濡れた時は、新聞紙を丸めて、靴に詰め風通しの良い所で乾かすと翌朝には乾燥している。また、海外の安宿ではベッドのシーツなどにダニがいてかゆい事があるが、そのようなときも新聞紙を敷いて寝ると幾分安心である。航空機で新聞を配布しているところは降機の時に持って帰ろう。

割りばし、プラスチックスプーン

最近はコンビニがあるので弁当などに割りばしやスプーンがついているところもあるがスーパーで総菜を買った時などは日本のように手軽にはもらえない。持参をすると何かと便利である。特に外国のヨーグルトやプリンなどを食べるときにスプーンがあると大変便利である。

ヨーロッパSIMカードが便利すぎた

ヨーロッパを周遊するときに便利だったのが下のSIMカードだ。僕は海外に行くときに現地でSIMカードを購入することが多いのだが、ヨーロッパは何か国か周遊するため、各国で買いなおさないといけないのかなと不安だった。そんな時見つけたこのSIMカードは42か国で使えると書かれていた。最初は本当かなとも思っていたが、実際ヨーロッパ数か国を周遊したが、すべて新しい国に入ると、自動的にその国の電波を拾ってくれて快適だった。日本で購入できるので大変便利である。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました