労働安全衛生マネジメントシステムとは何か

勉強
スポンサーリンク

労働安全衛生マネジメントシステムとは何か

職場、事業所で労働災害を減少させ、安全衛生水準の向上を目指すためにこの様な取り組みをすべきという1つのモデルです。
これまでの安全衛生管理は法令に違反しない事に主眼が置かれる事が多かったですが、業務の多様化に伴い法令では規制されてないけど、危険性や有毒性がある業務も増えてきました。
また、職務の細分化に伴い、部署ごとで安全衛生管理に対する対策が異なっていたり、フォローアップが十分になされないなど落とし穴も散見されています。

そのため、「事業者が労働者の協力の下に一連の過程を定めて継続的に行う自主的な安全衛生活動を促進し、事業所の安全衛生水準の向上に資する事」を目的として「労働安全衛生マネジメントシステム」が推奨されています。
具体的には、リスクアセスメントの結果をもとに、計画をたて、実施し、評価し見直すというPDCAサイクルシステムの事を指します。

それでは具体的な中身をみていきます。

安全衛生方針の表明

事業者はまず安全衛生方針の表明をし、それを労働者やその他の関係者に周知させるものとされています。
これは、事業場における安全衛生水準の向上を図るため、安全衛生に対する基本的な考え方を示すもので具体的には、労働災害の防止を図り、労働者の協力の下、安全衛生活動を実施する事、法令や事業場で定めた安全衛生に関する規定を遵守する事、労働衛生マネジメントシステムに従って行う措置を適切に実施する事などを盛り込む必要があります。

 

基本要素

体制の整備

事業者は労働安全衛生マネジメントシステムを実施する体制を整備するため、担当者の任命や、予算配置、教育、安全衛生委員会の活用などを実施する。

労働者の意見の反映
事業者は安全衛生目標の設定、計画の作成、実施、評価、改善に労働者の意見を反映する手順を定める。

明文化
安全衛生方針、システム各級管理者の役割、責任及び権限、安全衛生目標、安全衛生計画、労働安全衛生マネジメントシステムに従って行う措置の実施の単位などを文書化する。

記録
実施に関して、必要な事項を記録し保管する事。

PDCAサイクル

Plan

危険性または有害性の調査の実施
安全衛生目標の設定
実施事項の決定
安全衛生計画の作成
緊急事態への対応等

Do
安全衛生計画の実施

Check
システム監査の実施
日常的な点検
労働災害発生原因の調査

Act
改善

最近の改正点について

令和元年7月に厚労省より労働衛生マネジメントシステムに関する指針の以下が改正されました。

Ⅰ従来は事業場単位でOSHMSを運用する事が原則だったが、同一法人内で複数の事業場を合わせて運用可能となりました。
Ⅱ労働者の心身の健康確保、増進の重要性が高まっているため健康保持増進の活動、健康教育に関する事項を安全衛生計画に含める事が求められました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました