台湾で本場の台湾料理を食べよう!ご飯屋さんの入り方、注文の仕方

台湾

台湾は外食天国である。朝ごはんから外で食べる人も多い。今回は台湾でのご飯屋さんへの入り方を紹介します。

外国で食事ってちょっと勇気がいるけど、地元の人と一緒の店でご飯を食べるのは外国に来たっていう気になるよね。

スポンサーリンク

入る店を決めよう。あなたは何が食べたいですか?

台湾のご飯屋さんはそれぞれ自慢の料理が決まっている。店の名前にメインの料理の名前が入っていることがほとんどなので、それを目安に決めよう。牛肉麺、炒飯、火鍋・・・・等々日本人ならどれを食べても美味しい。〇〇麺、〇〇鍋といった見慣れないものもあるが気軽に入ってみよう。

入ると聞かれること2つ

まず聞かれるのが、外帯(ワイダイ)?内用(ネイヨン)?である。お持ち帰りか中で食べるかということであるが、中で食べる場合は中を指さし適当に座ればよい。また、人数を聞かれることがあるがこれも指で指し示せばよい。

伝票があると安心

お店に入る時は入り口に伝票が置いてないか確認しよう。この伝票はお店の全メニューが載っており、そこに注文したい個数を記載してお店の人に渡せばよいというシステムなのだ。座席に置いてあることもよくある。漢字のメニューなので日本人には簡単である。個数を書いてお店の人に渡そう。その際座席番号を書く所に座席番号を忘れないようにしよう。

伝票がない店もある。

伝票がない店では、口頭または指さしでオーダーする。たいてい壁に大きいメニューが貼ってあるので店員さんに注文しよう。台湾の店員さんは優しい人が多いので忙しくなさそうであれば、筆談にも付き合ってくれる。

会計をしてみよう。

店内で食べる場合は会計は日本と同様食べ終わった後にすることが多い。その際は伝票をもって入り口の店員さんに伝えるか、伝票がない場合は座席番号を伝えよう。最近は混んでいる店や相手が外国人だとわかると、料理の提供と同時に料金を支払うように言われる場合があるが、その時は同時に支払おう。店員さんの指示に身を任せておけばよい。

食べ終わった食器はどうするか

台湾ではお客さんは食器をかたずける必要がない。料金を支払ったらそのまま店をあとにしよう。これはフードコートなどでも同じで片づけてくれる人が巡回しているため、放置したままでよい。これは他のアジアの国に行ったときも同様の事が多かった。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました