一度は食べよう臭豆腐

台湾

 

スポンサーリンク

台湾はスパイスの宝庫

台湾を旅していると様々なにおいに驚く。八角は台湾の多くの料理に用いられ、独特な香りは食欲をそそる。また、山椒やシナモン、クローブなど5つのスパイスからなる、五香粉は中華圏で用いる調味料であるが、振りかけるだけで台湾っぽい風味になる。これは自分でもお土産で購入し肉料理にササっと振りかけるだけで台湾に行った気分になる。

フォション 五香粉(24g)【FAUCHON(フォション)】

価格:351円
(2019/10/5 22:56時点)
感想(0件)

1度は食べよう臭豆腐

臭豆腐は台湾の夜市や屋台で必ず出店されており人気である。豆腐を納豆菌や酪酸菌で発酵した発酵液につけたもので、豆腐の中は発酵していないが、表面はその発酵液の影響で強いにおいを発生している。屋台ではそれを揚げたものをいただく。また、火鍋の具材としても使用する。納豆菌と酪酸菌であるから、その臭いはかなり強烈である。しかし、味は絶品といわれる。

 

臭豆腐を食べてみた

何度目かに台湾に行ったときに屋台で試してみた。その場で串揚げにしてくれ、付け合わせの野菜とともに出された。付け合わせの野菜はピクルスの様で美味しい。臭豆腐自体もあまり臭いもしなかったので、かぶりつく。しかし、口の中に入れたとたん、あの臭いが脳を襲った。自分には無理であった。周りでは子供から大人まで臭豆腐を美味しそうに食べていた。

台湾人は納豆が苦手である

あれほどの強烈な臭いを放つ臭豆腐は食べられるのに、納豆は苦手な人がほとんどだそうだ。もちろん日本人にも苦手な人がいるだろうが、僕は納豆をにおいを臭いとは思わない。これも子供の頃から慣れ親しんだ食習慣だからであろうか。台湾の人に臭豆腐は臭いかと問うと、臭くなくいい臭いだと言っていた。不思議なものである。

においの不思議

においは鼻腔にある受容体でキャッチされ脳に信号として伝達され脳でにおいを感じますがにおいの種類は何十万ともいわれ、それぞれの物質の化学構造に反応する受容体が一人一人の鼻腔に備わっているわけではなく、解明されていない謎でもあるようです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました